お知らせ 旬な情報 若者応援

「楽しくて安全な未来の車」足工生3年連続カーデサイン賞受賞!

栃木県立足利工業高校 産業デザイン科を3月に卒業した落合柚巴さんが、第10回カーデザインコンテスト((公社)自動車技術会主催)で、「カーデザイン賞 B部門」を受賞しました。「カーデザイン賞」は、イメージや機能が最も優れた絵に表現されている作品に贈られるもので、大賞である「カーデザイン大賞」の次にあたる賞です。


足利工業高校では、2020年2021年に続く3年連続受賞の快挙です!



落合さんの作品は、「楽しく、楽に」というコンセプトと「人力車」を組み合わせた「人楽車」。はじめから人力車をモチーフにすることを考えていたそうですが、現代の車を観察する中で安全の重要性を感じ、人力車の楽しさや魅力を失わずに安全性も考慮した「楽しく、楽に、安全に」乗ることのできる未来の車を目指したそうです。




表彰式はオンラインで開催されましたが、市内の記者の皆さんも取材に来てくださり、自身の作品について熱心に解説する落合さんの姿は頼もしく、将来への夢と希望が溢れ輝いていました。



(写真は取材に答える落合さん)

バイクと絵を描くことが好きという落合さんは「免許をとってバイクに乗ることができたら、乗った感じも含めて絵で表現したい」と話してくれました。

足利市の高校生、活躍中です!落合柚巴さん、素晴らしい賞の受賞、おめでとうございます!