お知らせ

千葉市・足利市 市制100周年を祝して!クラフトビールが完成

足利市と同様に、千葉市も今年市制100周年を迎えます。

そんなご縁から、幕張ブルワリー株式会社より、千葉県千葉市と栃木県足利市の市制100周年を祝した「限定クラフトビール「あしたのみち」(足楽味千)」がリリースされます!


このクラフトビールは、千葉大学、潮風ブルーラボ合同会社と共同で開発・醸造。7月1日より約2,000本の数量限定で販売します。 

日本有数のビール麦の産地である栃木県産の押し麦(足利市 株式会社大麦工房ロア 提供)や「100周年」を意味するホップCentennialを使用し、レシピは潮風ブルーラボの プール・クリス醸造マスターと千葉大学大学院理学研究院 萩原学教授(足利市出身)が学生の意見を取り入れながらアイデアを出し合い創り上げました。

醸造は千葉市内の幕張ブルワリーで行い、仕込みやラベルデザインに千葉大学の有志学生が携わりました。 

本プロジェクトは、趣旨に賛同した複数の企業等の協力を得て実現しました。売り上げの一部は足利市山林火災支援および千葉大学基金に寄付されます。

足利市内での取り扱い店舗は以下のとおりです。
大麦工房ロア朝倉総本店、足利浪漫の会加盟店(酒道庵 武井酒店、オレンジショップいいだ、(株)丸川屋、大黒屋酒店、佐川酒店、酒のなかむら、有限会社和泉屋)

詳しくは千葉大学ウェブサイトをご覧ください。